Hardcore Rider

日常の煩悩こそが人生の愉しみだっ!

触る(emotional)

週末は心地よく片岡義男三昧で過ごせた。しかも今日は気温は低かったが晴天のバイク日和。小説の影響は即効性があり、ワシは一瞬バイクに乗ろうかと思ったが、午後から雨らしい事が頭をよぎった。

f:id:rideonjapan:20200315173318j:image

実際にはワシの思考性はそこまで短絡的ではなく何事も熟考して遅れをとるタイプなので跨る事は無かった。けれどバイク乗りのサガが反発した。ワシは欲求に忠実に生きている動物である。だからバイクに触りたい欲求を満たした。これはもはや恋のような"アレ"であろう(笑)

f:id:rideonjapan:20200315125557j:image

シートを開けてマシンの下周りから順に乾拭きをし細かな汚れを落とした。次いでタンクを磨きミラーを磨き、フレームからハンドル回りそしてメーター類を拭いてから暫く満足するまでマシンを眺めていた。やがて近くで雷が鳴って豪勢に雨が降って来た。

f:id:rideonjapan:20200315173914j:image

乗らなかった物足りなさは触ることで埋めたが、頭の中では走ってる時の疾走感や、ある一定のスピードを出さないとバイクがまったくつまらなく感じてしまう狂気的な一点が掠めていた。この狂気とのバランスを取るためにワシの何が打ち消されているのだろうか。

f:id:rideonjapan:20200315125719j:image

触る事で感じる事とイメージする事が出来るのは、雨の多い富山県に住んでいる割にはワシはかなり幸せな生活をしているのだと思った(爆)