Hardcore Rider

日常の煩悩こそが人生の愉しみだっ!

初夏のような風を浴びた

徹夜明けで身体が目覚めていたので、海の見える丘まで軽く流して来た。風は生暖かくその中に初夏の匂いが混じっていた。

新緑の深さが凄みを増して来てて、目に眩しい緑の中を駆け抜けるとやがて視野全体に真っ青な海が広がった。ワシはその小高い丘の花畑の前にマシンを止め、黄色く発光している様な花に囲まれたベンチに腰掛けた。

f:id:rideonjapan:20190510192608j:image

そこから眺める海は、ここまでの道のりで感じた心地の良い疲労感を反芻させた。

海鳥がワシの獲物を狙っている。ワシはコンビニで買ったパンを一切れ天に放り投げてやった。ヤツは慣れているらしく宙空でパンを咥えそのまま飲み込んだ。食品添加物に侵された鳥は大丈夫だろうか。

f:id:rideonjapan:20190510192643j:image

ワシはキンキンに冷えたコーヒーが飲みたいなぁと思いながら、この暑さでぬるくなった缶コーヒーでパンを胃に流し込みこの場を切り上げた。ヤツはずっとその様子を伺っている様だった。もう一切れぐらいやれば良かったなぁ。

ワシは、海を背にしたワインディングを下り初夏の風の中へと入って行った。木々の間からチラリと見えた海はエメラルドグリーンに輝いていた。軽く汗ばんだ身体に当たる風が絶妙だった。