Hardcore Rider's

日常の煩悩を愉しむオッサンライダー

雑感

バイク屋の二代目オッサンB2から「車検上がりましたよー」と連絡が来たので「晴れたら取りに行くわ」と返してからスーパーの帰りにちょっと寄って来た。

f:id:rideonjapan:20190922200924j:image

(車検上がりのピカピカなマシン)

今回は初めての車検で走行距離が24.000キロ程度なので、駆動系の消耗品を取り替えましたわ。前後スプロケット、チェーン、タイヤ等ですなぁ。このバイクはコストダウンの為にかなりチープなパーツが付いてるので替えるべきものはドバドバ替えたいものですなぁ。スプロケットも、サンスターのが良かったんだけど、まぁ、今回は純正で。

f:id:rideonjapan:20190922201314j:image

(オッサンB2のマシン、カッケーなぁ)

と言う事で雨続きなので来週末には引き取りに行きたいなぁと。免停講習がまだなので乗る気がしないんだよ(笑)

f:id:rideonjapan:20190922203335j:image

でっ、話は変わり、スーパーで白菜買ったんだけど、半分で240円だよ、先週は198円だったんだよ、えらい上がったよなぁ。なんでダァ?気候変動がそんなに激しかったか?

f:id:rideonjapan:20190922201718j:image

でっ、またまた話は変わってジャズピアニストの上原ひろみさん。彼女のデビューアルバムは衝撃的だった!彼女の十年ぶりのソロアルバムがつい先日出たので手に入れて聞き入っているが、相変わらず凄まじいわ!凄いサウンドを体感するとワシは思考が止まるんだよなぁ。こーゆー人と同年代に生きている事を喜ばしいなぁと思うわ。

揺らぐ

ワシは糖質を適度に制限しているんだが、なんか最近かなり"揺らぐ"

f:id:rideonjapan:20190918202243j:image

来月で二年目なので身体の方はもう慣れているから問題は無いが、精神左が邪悪なのでどーも精神右のコントロールを阻止しようと躍起になる。その本気度が怖い。

f:id:rideonjapan:20190918202257j:image

たとえばだっ、ワシがコンビニで新聞を買って帰ろうとするのを、精神左がグイグイ引っ張りポテチを買わせようとする。

f:id:rideonjapan:20190918202525j:image

精神右は何故か簡単に負けてポテチを買ってしまう。しかも堅いポテチだっ。どーしよー、止まらない。力石が蛇口を開けようともがいたあの渇きを体感してる様だ。いや、ワシは食っちゃってるけど。そしてワシはその美味さに感動してまた買うのであった…ダメじゃん。

Hardcore

腹を満たした午後、窓から囁く秋風が頬を撫でた。その柔らかな心地良さが核となって今日の後半戦を戦えた。空はあくまで青く、雲の浮遊感がワシの遊び心をくすぐった。

f:id:rideonjapan:20190912223529j:image

(公園の木 苔が、良い)

こないだ、大して知らない知り合いにこのブログのタイトルについて尋ねられた「あのぅ、ハードコアライダーってすけべなライダーの事ですよね」ワシはバカと関わるのが一番嫌いなのに絡まれたわ(笑)

f:id:rideonjapan:20190912224025j:image

(雨晴トンネル  旧道はバケトン)

彼はハードコアとポルノを結び付けないと気が済まない様だ。常にネットのエロを観覧している事がうかがい知れる。そんな暇あるならググれよと言いたい。ワシはこーゆー輩から質問を受けた時はシカトする(爆)

f:id:rideonjapan:20190912224719j:image

(バイク屋の一角)

ハードコアには数種の意味があるが、ワシの場合"筋金入り"と言う意味だっ。つまりハードコアライダーとは、筋金入りライダーと言う事になる。ワシの人生観も入っている。

f:id:rideonjapan:20190912225319j:image

(正面が、光子力研究所、左横がひょっこりひょうたん島連絡船乗り場、右が持ってけずてんしゃ広場)

余談だが80年代初頭、日本のパンクの夜明けを体感した。ワシが胸躍らせたのは"ザ モッズ"と言うハードコアパンクバンドだった。ボーカルの森山さんがカッコよくて釘付けだった。ちなみに、バイク仲間のオッサン4D君は森山さんにソックリだ。

「ザ モッズ 激しい雨が」の売れたきっかけのCMを見つけたのでリンクしといた→ マクセルカセットテープCM - YouTube

 

錯覚力

残暑、ここに来て連日の30℃越えはこたえる。まだ猛暑の中をくぐり抜けて来た体力が回復していないのだから。ん〜、初老の通過儀礼か。

f:id:rideonjapan:20190909225616j:image

ワシがブログを開いたのは22年前。以来、あちこちURLを変えて続けて来たが、自身に関して初めて"初老"と言う言葉を綴った。

f:id:rideonjapan:20190909225708j:image

ワシの体力は歳と共にすり減っている。それは日常のあらゆるところで実感し、その都度何かを諦めている。だが、嬉しい事にその頃より好転している事もある。

f:id:rideonjapan:20190909225929j:image

バイクだっ。今の方がはるかに上達している。バイクに乗る事がアンチエイジングになると言うのを聞いたが、あながちいい加減ではないと感じる。

f:id:rideonjapan:20190909230019j:image

最近ワシはこれからピークを迎えるのだと錯覚する事で、実際の体力をカバーし尚且つ余裕を持たせていると感じ始めた。この様な、顕在意識が潜在意識を騙す事が快楽的で面白い。

f:id:rideonjapan:20190909230052j:image

一歩手前

金曜の午後、仕事場で約20キロの重さのバケツを右手で持ち上げた。その時には「まぁ重いけど行けるわ」と10メートルほど移動させた。

f:id:rideonjapan:20190908183354j:image

(バイク屋さんのチャリ)

その5分後今度は左手で同じ重さのバケツを同じ距離運んだ。この程度ならば雪かきの方がはるかに重いかなぁと感じていた。もう、察しの良い人は分かるだろうが(笑)

f:id:rideonjapan:20190908183808j:image

(うちの前にあった葉っぱ)

はい、お察しの通りギックリ腰がやって来ました。それは土曜日の朝でした。時間差だよなぁ。ただ、完全なギックリ腰ではなくて、ギックリ腰一歩手前と言う感じですわ。

f:id:rideonjapan:20190908184022j:image

(どこかの海、何処だろう石畳みがあるなぁ)

とりあえず腰をかばえば歩けるので、買い物に行ったり雑草刈りとかやってましたが、その行為中は痛くないのに後からじんわりと痛みが来るんだよなぁ。

f:id:rideonjapan:20190908184837j:image

(ここは多分、千里浜の裏側かな)

まぁ、用心しつつ適度に生きていこうかと思いますわ。まだ免許があるのにバイクに乗れない週末なんて…クソだなぁ。土曜の早朝、オッサンM君が朝練に走って行ったなぁ。

記憶

ワシが尊敬できる人は少ない。その人間性を尊敬するのか、或いは人生観なのか、仕事の腕前に対しての念なのか自分でも曖昧である。

f:id:rideonjapan:20190906112816j:image

ピーターリンドバーグは写真家でヴォーグ等のファッション誌等が活躍の場だっ。ワシの尊敬する数少ない人間である。彼の死去のニュースを先日見た。勿体ない事実である。

f:id:rideonjapan:20190906112909j:image

過去の記憶と技を持ち備えて輪廻して欲しいものだが、人は生まれ変わる時、システムの中で記憶を消されてしまう。過去性の全てを記憶していれば、こんな世界にはなってないのだ。

f:id:rideonjapan:20190906112932j:image

そんなブッダの嘆きは日本の全ての仏教には組み込まれてない。いや、排除されている。それもまた悲しい事実である。

f:id:rideonjapan:20190906113009j:image

幸福感

仕事場に持って行く水筒の中には今はアイス烏龍茶が入ってる。そろそろホット珈琲にしようかと思ってたところ、紅茶のような旨味のある茶葉なので、ホット烏龍茶でも行ける事に気が付いた。

f:id:rideonjapan:20190904090840j:image

ワシがお茶屋で買って来た茶葉なんだけど、県外なので簡単には買えないなぁとうなだれていた。もしかしたらネット販売があるかもとググったが無かった。f:id:rideonjapan:20190904090602j:image

ならば、烏龍の葉を買うだけのツーリングもありかなぁとちょっと思った。走る日取りを考え、その風景をイメージし、秋の日差しの中にいるワシを思い浮かべるだけでかなりの幸福感に包まれた。

f:id:rideonjapan:20190904111107j:image

(再掲載)